TingaTingaArt Official Shop〈POPUP・2022〉 ●名古屋三越栄店4F 10/5〜10/ 25  ●仙台三越MIプラザタピオ店 10/7〜11/5

Bavon Gilles Mrope

1980年、タンザニア南部の世界遺産キルワ・キシワニとセルー猟獣保護区があるリンディに生まれました。幼少の頃、この地を訪れたアーティストや観光客に影響され、自身もアーティストを志すようになります。

リンディでの思い出深い子供時代を経て、2000年にダルエスサラームに移住し、小さなビジネスを立ち上げました。ダルエスサラームのムササニ地区に住んでいた叔父の勧めもあり、長年情熱を傾けてきた絵を続けることにしました。タンザニアで職業教育を行うVETAの職業技能訓練校にも通い、そこで絵を学びました。
また、ティンガティンガ芸術協同組合の創設者であるサイディ・オマリ・チランボニからも訓練を受けました。アーティストになるために必要なすべての技術を学び、2004年、彼は芸術を自分の仕事とし、新たなスタートを切りました。

彼は様々な題材を描きますが、そのほとんどは海や狩猟保護区からインスピレーションを得た魚や動物です。主にキャンバスに油彩で描かれ、様々な姿勢や動きをする動物を表現する独特のスタイルで描かれています。彼の絵は、観光客だけでなく、同郷の人々にも愛されています。

彼は、国内外の様々な展覧会や万博でその才能を発揮しています。彼は2015年のイタリア万博、2016年のナイロビ、2018年の中国北京万博に出展しました。
タンザニアでは、展覧会、シャーバン・ロバート、マクンブショ、ロシア文化センターで作品を展示しています

偉大なアーティストになることを目指し、ティンガティンガアートの指導と普及に努め、積極的に社会に貢献することを目指しています。