TingaTingaArt Official Shop〈POPUP・2022〉 ●名古屋三越栄店4F 10/5〜10/ 25  ●仙台三越MIプラザタピオ店 10/7〜11/5

Daudi Edward Tingatinga

1968年、タンザニアのダルエスサラームに生まれた著名な芸術家でした。
彼は、タンザニアにおけるティンガティンガ芸術の偉大な創始者であるエドワード・ティンガティンガの息子です。幼少の頃から父の影響を受け、ティンガティンガスタイルの偉大な芸術家になるための足跡をたどってきました。

ムササニの自宅でアーティストに囲まれて育った彼は、芸術に対する情熱を持ち、より多くのアイデアを得るために他のワークショップにも足を運ぶようになりました。父の友人であるルムンバ氏に出会い、ルムンバ氏の指導を受けながら、芸術的な知識を深めていきました。
彼の作品は、鮮やかな色彩、際立ったパターンや人物など、父親と同じスタイルで構成されています。

セレンゲティ、マニヤラ、タランギーレといったタンザニアの国立公園からインスピレーションを受け、タンザニアに生息する多くの野生動物や生物多様性を描きました。
芸術の他に、彼は経験豊かな漁師でもあり、漁業で生計を立てることができました。

彼は、ザンジバル、バガモヨ、ティンガティンガ芸術協同組合、タンザニアで開催された様々なフェスティバルなど、タンザニアの様々な場所で作品を展示しました。

また、彼は、偉大なアーティストになること、世界中のギャラリーで作品を展示・販売することを望んでいました。父親から受け継いだ美しい遺産を継承し、ティンガティンガ芸術の発展に貢献したことも彼の大きな仕事のひとつでした。