TingaTingaArt Official Shop〈POPUP・2022〉 ●名古屋三越栄店4F 10/5〜10/ 25  ●仙台三越MIプラザタピオ店 10/7〜11/5

Maurus Michael Malikita

1967年に、タンザニアにあるナチングウェア州のメロに生まれました。家族のほとんどが芸術家という芸術一家に育ち、特に彼の兄であるセヴラン・マイケル・チワンダに、芸術の道を志すよう応援されました。

小学校を卒業後、1982年に大工になります。
そして1987年にダルエスサラームに移り住み、大工として仕事を続けました。それでも芸術への情熱は衰えず、ギャラリーやワークショップを訪れて学び、経験を積み、同時に経験豊富なアーティストであるサイディ・ティンガティンガの生徒となったのです。

その後、絵画の技術を学び、ダルエスサラームで作品を販売し始めます。彼の絵は、鳥や野生動物など様々な題材からインスピレーションを得ています。

2015年6月2日から8日まで国立博物館で開催されたタンザニア国際ビエンナーレ・ティンガティング絵画展とコンペティションに参加し、最優秀賞を獲得しました。また、ケニアのマリンディで開催された第一回マリンディ国際ビエンナーレの現代美術展に出展し、第一位を獲得しました。
2011年には、アライアンス・フランセ・ダルエスサラームによるアーティスト専門家育成プログラム2011のワークショップにも参加しています。
これらの多くの栄光や展覧会を通じて、彼は生涯を通じて世界中で高い評価を得てきました。

今後も国際的な展覧会を続け、タンザニアの芸術と文化を世界に発信していくことを望んでいます。