TingaTingaArt Official Shop〈POPUP・2022〉 ●名古屋三越栄店4F 10/5〜10/ 25  ●仙台三越MIプラザタピオ店 10/7〜11/5

Mkura Abdul Amonde

1954年に生まれました。兄のオマリは彼の美術の師であり、幼少の頃から絵の描き方を学んでいました。

1973年、彼はダルエスサラームに移り住み、その才能をさらに開花させることになりました。ダルエスサラームの多くのワークショップやギャラリーを訪れ、他のアーティストたちから人気を集めるようになります。彼はバブ・ウノ(ナンバーワン)と名付けられました。

彼は油絵とキャンバスを使い、芸術的なアイデアを伝えるために、主に彼にインスピレーションを与える動物を描いています。彼の作品には、よく見ると何らかの意味があるストーリーが描かれています。

1992年、彼は才能を発揮するために日本に招待され、そこで国際的なアーティストと出会い、意見を交換することができ、彼のキャリアは新たな段階へと進むことになったのです。彼のユニークな作品が賞賛され、日本では多くのファンが彼の作品を買い求めました。
彼は日本でタンザニアの文化や芸術をよく宣伝し、彼の作品はタンザニア人と日本人の両方から高く評価されています。

日本では1992年、1994年、2004年、2014年に、スイスのバジルでは1991年に展覧会を開催しています。また、2013年に出版された「History of animals of Tanzania」(日本)にも参加しています。

彼は、今後も芸術の世界で驚異的なパフォーマンスを行い、国際的なアートシーンで活躍することを望んでいます。