TingaTingaArt Official Shop〈POPUP・2022〉 ●名古屋三越栄店4F 10/5〜10/ 25  ●仙台三越MIプラザタピオ店 10/7〜11/5

Omary Amonde Abdallah

アモンデとも知られる彼は、様々な生物が生息し、農業が盛んなタンザニアにあるトゥンドゥル州ミンドゥで1940年に生まれました。彼は農村で育ったため、農民であり、家畜の飼育者でもありました。また、若い頃は植民地時代のサイザル麻のプランテーションで働いたこともありました。

若い頃はタンガ、モロゴロ、プワニなど、タンザニアの各地を旅していました。彼は、ティンガティンガ芸術のパイオニアであるエドワード・ティンガティンガの友人であり、弟子でもありました。彼は、エドワード・ティンガティンガ本人から直接ティンガティング・テクニックを学び、ティンガティンガ芸術の発展に多大な貢献をした弟子の一人となったのです。

ティンガティンガ芸術の最初のパイオニアの一人として、彼の作品は、1970年代のティンガティンガ運動に向けた最初のアイデアのスタイルを示しています。その独創性と色彩豊かな表現は、彼の生涯に大きな名声をもたらしました。
彼と、そして彼の兄弟であるアブドゥル・ンクラ、サイード・ナココは、ティンガティンガのスタイルを世界に知らしめた最初の生徒の一人です。

彼は、タンザニア内外の多くの展覧会に参加し、日本やフランスにも足を運び、作品を展示しました。また、タンザニア内外の若い世代にその知識を伝えるなど、ティンガティンガ芸術への貢献は計り知れないものがあります。