TingaTingaArt Official Shop (PopUp 3/20~銀座三越 グランドフロア)

Rajab Rihami Duke

1979年に、タンザニアのダルエスサラーム(キノンドーニ地区)に生まれました。彼の叔父はチワンダという画家でした。彼は子供の頃から絵を描くことに興味があり、小学校時代には様々なスケッチをし、それを家族や友人に見せては、絵の才能を大きく開花できるよう応援してくれました。

1994年、タンザニアで有名なアーティストであるチワンダのもとで絵を描き始めました。チワンダは彼に様々なテクニックやデザインを教え、それが後に彼の絵に反映されました。彼は、動物とアフリカンダンスをこよなく愛し、そのことは彼の作品に広く表れています。

また、タンザニア各地でビテンゲ(伝統的なアフリカンワックスドレス)を販売するビジネスマンでもあります。ビテンゲの模様は、彼の作品に見られる表現と絵画の印であり、彼のインスピレーションの源でもあります。

タンザニアでは、国立博物館、ロシア文化センター、フランス学校、アライアンスフランセダルエスサラームなどで展覧会を開催しています。

また、日本での展覧会にも参加し、その素晴らしい絵画は多くの美術愛好家を魅了しています。