TingaTingaArt Official Shop〈POPUP・2022〉 ●名古屋三越栄店4F 10/5〜10/ 25  ●仙台三越MIプラザタピオ店 10/7〜11/5

Ramadhani Omary Sarange

1980年に、タンザニアにあるプワニのキサラウェで生まれました。
幼少の頃、タンザニアの歴史的な町バガモヨ周辺のアートギャラリーを訪れ、チランボをはじめとする偉大な芸術家の作品を目の当たりにしていました。
また、自宅近くのサダニ国立公園を散策し、そこで動物への情熱を育み、後に多くの作品に登場することになり、バガモヨでは、様々な伝統舞踊や太鼓を手伝い、伝統的な歌を歌い踊っていました。

ダルエスサラームを拠点とするモカ、後のフルカを師と仰ぎ、2000年から絵を描き始めました。彼はダルエスサラームと彼が育ったバガモヨで絵を売りました。

子供の頃、セダニ国立公園で出会った様々な動物や植物がきっかけで、自分の考えをキャンバスに油絵で表現するようになったそうです。また、ナイフで絵を描くこともあり、風景画や肖像画を制作しています。
彼の絵は、マサイやアフリカの伝統的なダンスや動物を魅力的な色彩で表現しています。

彼はティンガティンガ芸術協同組合の理事長でもあり、東アフリカで開催されるジュアカリ・ングブカジ・フェスティバルなど、多くの展覧会に参加しています。また、ダルエスサラーム市内の国立博物館、フランス学校、アライアンス・フランセでも展覧会を開催しています。
また、日本やスイスでも作品を発表し、大きな成功を収めています。

彼は、世界で最も偉大なアーティストの一人になることを目指し、ティンガティンガとアフリカの文化を広めることを目指しています。