TingaTingaArt Official Shop〈POPUP・2022〉 ●名古屋三越栄店4F 10/5〜10/ 25  ●仙台三越MIプラザタピオ店 10/7〜11/5

Said Abbas Mitumbati

1982年、タンザニア南部のルブマ地方ムフウェシ村に生まれ、小学校を卒業後、1999年に現在のダルエスサラームに移り住みました。

2001年、ダルエスサラームの有名なアーティストである兄からティンガティンガ・アートを学び、彼のワークショップで様々な絵画技術を学びました。
芸術への愛と雇用を確保する必要性から、彼は野心と熱意をもって芸術家としてのキャリアを歩み始めました。

「シャハ」の名前でも知られている彼は、チーターの絵でよく知られています。彼の絵のほとんどは、チーターからインスピレーションを受けて描かれており、チーターはアートの中で非常にユニークなキャラクターとなっています。チーターの驚異的なスピードは、彼の想像力を刺激し、創造力をかきたてており、彼が用いるパターンや色彩は非常に美しく複雑で、彼の作品に独自の印象的な外観を与えています。

他のティンガティンガのアーティストと同様、彼は主に油絵の具を使って自分のアイデアを表現しています。アーティストとしてだけでなく、サイードはトウモロコシ、キャッサバ、米などの農作物を栽培する優れた農民でもあります。

マクンブショ村、タンザニア国立博物館、サバサバなど、ダルエスサラーム周辺の様々な場所で展覧会に参加し、ザンジバル島でも作品を展示しています。