TingaTingaArt Official Shop〈POPUP・2022〉 ●名古屋三越栄店4F 10/5〜10/ 25  ●仙台三越MIプラザタピオ店 10/7〜11/5

Sande Peter Piteria

1983年、タンザニアのダルエスサラームにあるムササニで生まれました。彼は、ティンガティンガ芸術の創始者であるエドワード・ティンガティンガの孫にあたります。祖父のエドワード・ティンガティンガは、成功した芸術家の偉大な人物として、非常に大きな存在でした。

彼はムササニで育ったので、様々なアーティストのワークショップを訪れることができました。彼が住んでいた場所は、タンザニアの偉大な芸術家たちの故郷であったため、幼い頃から芸術への関心を高めていたのです。ムササニはモロゴロ店に近く、ティンガティンガ芸術の中心地であったため、彼の子供時代の経験は芸術とともにありました。
彼は様々なワークショップで学び、アクリル、水彩、油絵の具など様々な手法を試しました。

2000年以降、本格的にアートに取り組み始め、世界中のさまざまな国の人々に絵を売ることができるようになり、収入を得るとともに、独自のスタイルを完成させることができました。

彼は魚の絵を得意としており、インド洋に生息する魚やマサイ族、野生の動物などからインスピレーションを得て、独自の表現方法を開発しました。そこから、鮮やかな色彩とフォルムを持つ独創的な作品を生み出しています。

ザンジバル、モシ、アルーシャなど、タンザニアの様々な場所で展示を行っています。また、ケニアのナイロビでもその才能を発揮し、多くの観客を集めました。

彼は、世界で最も偉大なアーティストの一人となることを期待されており、今後のアーティストに彼のスタイルとテクニックを教えることも期待されています。