TingaTingaArt Official Shop (PopUp 3/20~銀座三越 グランドフロア)

Sharifa Salum Mussa

1983年に、タンザニアのダルエスサラーム(キノンドーニ地区)で、芸術家一家のもとに生まれました。彼女の父親はサラム・ムッサというアーティストで、ダルエスサラームの有名なティンガティンガの画家であり、ティンガティンガ芸術共同協会の創設者の一人でもありました。
幼い頃から家族や友人に応援され、ダルエスサラーム中の様々なギャラリーやワークショップを訪れ、様々な技術を学びながら、情熱を注いできました。

2002年に正式に絵を描き始め、タンザニア全土で作品を販売するようになりました。彼女のユニークなスタイルは、魚とチーターからインスピレーションを受けたもので、それは彼女の作品のほとんどを占めているそうです。彼女の描く線とスタイルは非常に繊細で、キャンバスに油絵を描きながら、彼女の絵に独自の美しさを与えています。

彼女は国内外の様々な展覧会に参加し、国立博物館、サバサバ・フェスティバル、ダレ・エス・サラームのロシア文化センターで作品を展示し、アルーシャ、ムワンザ、ザンジバルなど、タンザニアの他の地域にも足を運びました。
国外では、日本、ドイツ、スイス、チェコ共和国などで作品展を開催しています。

彼女は、世界中で知られるようになり、芸術作品を通じて家族を養いたいと考えています。