TingaTingaArt Official Shop〈POPUP・2022〉 ●名古屋三越栄店4F 10/5〜10/ 25  ●仙台三越MIプラザタピオ店 10/7〜11/5

Wahabu Omar Saidi

マブサとしても知られるワハブは、独学で学んだ才能あるアーティストで、既成概念にとらわれず、外れた絵や絵画を生み出すことを好む独学の才能あるアーティストです。

 彼は、2000年にタンザニアのプワニ州ダルエスサラームのムクランガで生まれました。

プワニ地方で育った彼は、有名なカオレ遺跡やバガモヨ港などの様々な史跡があるバガモヨで、豊かな芸術的環境に囲まれていることに気づきました。

バガモヨの環境とサーダニ国立公園は、彼の芸術への想像力を形成し、大自然の中で見られる様々な動物からインスピレーションを受けました。彼の芸術的スタイルは、鮮やかな色彩と変化するパターンに合わせた線から構成されています。

彼は、隣人でもあったタンザニアの有名なアーティストであるアバス・ムブカに教えを受けました。幼い頃からムブカの工房に通い、色の調合や道具の使い方など、さまざまなテクニックを学びました。

彼の特徴は、人間をモチーフにした動物を描くことで、動物がテーブルを囲んで話すなど、まるで人間のように描いていることです。彼の作品には様々なストーリーがあり、そのストーリーには意味や感情があり、それが絵の中の人物に投影されています。

彼は、タンザニア国内の有名な国立博物館からティンガティンガ芸術協同組合まで、様々な場所で彼の絵を展示してきました。また、ダルエスサラームのムウェンゲ・アートマーケットでも、バガモヨを忘れることなく、彼の絵を披露してきました。

彼は、才能あるストリートチルドレンのための学習センターを開設し、彼らに芸術的なスキルを教えることを望んでおり、また、彼は世界市場で大成功するアーティストになることも目指しています。